2211月

朝の目覚め

自転車と歩行者の事故で、怪我をしてしまう話はあまり聴きたくないです。

自転車と歩行者の事故は、自転車に乗る人、歩行者のそれぞれの注意があれば、避けることができると思います。

また、自転車に乗っている本人の不注意で転んでしまうこともあります。
(高齢者だけではないです。)

そんなことを考えている時に、あるTV番組で紹介されていた自転車に取り付けることができる装置を思い出しました。

通常はテールライトで、自転車がある角度まで倒れるとブザーがなるという
装置です。
(自転車を立てればブザーは止まります。)

これは、「使える」と思いました。
不注意で(不注意以外でも)道で転ぶことがあった時に、周囲に注意を向けて
もらえます。
小さい子どもや、高齢者、女性と分かれば、周囲の人が手を貸してくれると
思います。

これで、自転車で出かけた時でも不安が減ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です