2211月

借入限度額と借りるべき金額

キャッシングを利用する際は、予め借りる金額を決めておき、計画的に返済するように心がけているかと思います。

しかし、急な出費のときに借りた場合はどうでしょうか。
こちらのような↓
http://xn--z8jr294u7fbu7b.com/

冷静に計画を立てたり、借りるべき金額について分析する余裕はないと思います。

中には、「たくさんのお金が必要になったけど、まとめて借りることができなかった」という経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。
数万円単位で必要になり、時には数十万というお金が必要になることもあることでしょう。
そこで、借入限度額について紹介します。

まず、急な出費でカードローンを利用する際には必要になった全額を借りるのではなく、貯金で補える分は借りないようにしましょう。
借入金額が多ければ金利が低いという見方もありますが、急な出費で余裕がないときには返済のことなどを考えて最小限に抑える方が良いと思います。
そして限度額ですが、たいていの金融機関はWebサイトに最大限度額を記載しています。
しかし、仮に100万~500万まで借りることができると記載してあっても、1度にそれだけ借りるということは、審査も当然厳しくなります。
さらに銀行と消費者金融で大きな違いがあります。
それは「総量規制」の有無です。
総量規制とは、年収の1/3以上を借りることができないという規制で、消費者金融はこれを取り入れています。
このように、急にお金が必要になっても多額のお金を借りることは難しくなっています。
日頃から万が一に備えて貯金をし、それでも足りない分をキャッシングを利用することでまかなうというのがベストではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です